2020年30週(07月20日~07月26日)

<コメント>
 急性出血性結膜炎は甲府市保健所管内で定点医療機関当たりの報告数が多くなっています。
急性出血性結膜炎はエンテロウイルスによって引き起こされる、突然の強い目の痛み、激しい出血症状を伴う結膜炎です。
ウイルスの付着した手指やタオルなどを介して接触により感染するため、十分な手洗いを心がけ、タオルの共用は避けることが重要です。
 感染症予防のため、マスクの着用、手洗い、うがい、咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
また、タオルの共用や患者との濃厚接触を避けましょう。


【警報】なし
【注意報】なし


【山梨県感染症情報センターより参照】
(2020年7月30日更新)